無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話

3
黒崎蘭丸
黒崎蘭丸
何、お前まで笑ってやがんだ(。 ー`ωー´)さっさと準備しやがれ!!
七海春歌
七海春歌
は、はいっ!!(゚o゚;
蘭丸は、再びブースへと移動するとマイクの前に立って、春歌に合図を送る。
七海春歌
七海春歌
流します。
「ONLY ONE」の音源を流す春歌。蘭丸は曲に息を吹き込む。