無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

5
《ドンッ!!》
七海春歌
七海春歌
きゃっ……!!
一十木音也
一十木音也
ご、ご、ごめんっ!!
頭とか打ってない?
七海春歌
七海春歌
大丈夫です…///
頬を少し赤らめた表情とピンク色のリップグロスを付けた春歌の唇に、音也の心音は煩いほどに高鳴り昂らせていた。
一十木音也
一十木音也
(今は、俺と2人きりの状態……///)
ゴクリと喉を鳴らす音也。