無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

9
プロデューサーたちが立ち去ると、カミュの雰囲気が一気に別の空気感に変わる。
カミュ
カミュ
曲作りの打ち合わせはまだだったな。もう、イメージは掴めておるのか?
七海春歌
七海春歌
だいたいのイメージは出来ています。
微かにメモを取っていた春歌。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
真剣にメモを取っていたと思ったら…凄いですね。君は。
七海春歌
七海春歌
褒めてもらえるほどでは…///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
いえ。
素直にそう思います^^*
七海春歌
七海春歌
…///
カミュ
カミュ
…(´ρ`*)ゴホン
いつまでそうしてるつもりだ。さっさと曲作りの打ち合わせを始めるぞ。
七海春歌
七海春歌
は、はいっ!!
そう言って、立ち上がるカミュを呼び止めるトキヤ。