無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第126話

2
心理ゲームを提案したレン。それに同意した春歌は互いに白紙の紙に書いていた。
七海春歌
七海春歌
(神宮寺さんは、いったいどのような返答をされるのでしょうか…当てられるか不安です(ーー;))
神宮寺レン
神宮寺レン
どう?
書けたかい?
七海春歌
七海春歌
は、はいっ…!!
レンの投げかけた質問は、「今後の2人について」だった。
神宮寺レン
神宮寺レン
ん~ハニーの返答は…新しいジャンルの曲で歌って欲しい。
どうだい?
七海春歌
七海春歌
違います。
神宮寺レン
神宮寺レン
おや。ハズレか。
じゃあ、どんな答えか聞いてもいいかい?
七海春歌
七海春歌
はい。
いつか、2人で色んな場所を旅したい…でした。
神宮寺レン
神宮寺レン
ハズレてしまったが、当たってもいたなんて……驚きだよ^^*
七海春歌
七海春歌
えっ?
神宮寺レン
神宮寺レン
もう1つの選択肢に、一緒に旅してみたい。と書いたのさ。
心理ゲームなんかしなくても、思いは一緒だったんだね。
七海春歌
七海春歌
嬉しいです(*^^*)
神宮寺レン
神宮寺レン
クスッ…
いつもその笑顔に救われているよ。
七海春歌
七海春歌
私も。
神宮寺さんの優しさに、いつも救われています。
ありがとうございます(*^^*)
神宮寺レン
神宮寺レン
ハニー。
お願いを聞いてもらえるかい?
七海春歌
七海春歌
あ、はい。どうぞ(*^^*)
神宮寺レン
神宮寺レン
ハニーが欲しい。
七海春歌
七海春歌
わ、私ですか…!!///
春歌の頬に触れるレン。
七海春歌
七海春歌
じ、神宮寺さん…///
神宮寺レン
神宮寺レン
違うよハニー。
オレの事は何て呼ぶか教えただろう?
さあ…その可愛い声で、オレの名前を呼んでくれるかい?
七海春歌
七海春歌
だ、ダーリン…///
下に俯く春歌の顎を、クイッと上に上げるレンは、そのまま春歌の唇を奪う。
(。-ω-。)----------キリトリ線----------(。-ω-。)



作者の歌音♪です。

何か、遅れた掲載した挙句、微妙な終わり方をしてしまいすみません((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
レンとのやり取りはまだ載せていく予定です。
これからも、私が描く「うた☆プリ♪」Worldを応援して頂けたら幸いです。

by.歌音♪