無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

10
一十木音也
一十木音也
七海、Fight!!☆٩(。•ω<。)و
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
大丈夫です。自信を持ってください^^*
音也とトキヤから声援を受ける春歌。
神宮寺レン
神宮寺レン
先行は、バロンたちに譲るよ^^*
カミュ
カミュ
先に投げろ。
カミュは、春歌に向かってそう言う。ダーツの前に立って矢を構える。
七海春歌
七海春歌
(矢は軽く持って、狙いを定める。軽く反動を付けて…投げる!!)
《~♪》
投げた矢は、初め2本は当たりから外れるも、3本目の矢は丁度真ん中に当たる。
聖川真斗
聖川真斗
…素晴らしい。
神宮寺レン
神宮寺レン
ホント…本番さながら凄いね。レディは。
カミュ
カミュ
( -ω- `)フッ
よくやった。まあ…まずまずと言ったところだな。
七海春歌
七海春歌
あ、ありがとうございます!!(*^^*)
カミュに微笑みを浮かべる春歌。そんな春歌を見て、音也とトキヤは内心乱れていた。
聖川真斗
聖川真斗
ああ…俺か。(๑•̀ ‐•́)و✧ヨシッ!!
真斗は気合を入れるなり、矢をリズムよく投げていく。