無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

5
【会議室】
《ガチャ》
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
どうやら、私たちが一番乗りの様ですね。歩き疲れませんでしたか?
七海春歌
七海春歌
一ノ瀬さんが、私の歩くペースに合わせてくださったので大丈夫です^^*
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
成程…先程の急な沈黙はこの事だったんですね。謎が解けてよかったです^^*
席に着く前に、トキヤはコーヒーカップを2つ用意して注いでいた。
七海春歌
七海春歌
ずっと考えていたのですか?
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
ええ。
おかげで、退屈はしませんでした^^*
さあ、どうぞ。熱いので気を付けてくださいね。
差し出したコーヒーには、適量のミルクと砂糖が入ったものだった。
七海春歌
七海春歌
ありがとうございます^^*
フーフーしながら口に運ぶ春歌。
トキヤも、ブラックを喉に流し込む。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
やはり、自分で淹れたコーヒーの方が1番ですね。
七海春歌
七海春歌
そう言えば…一ノ瀬さんが淹れたコーヒーを“美味しかった”と神宮寺さんが褒めていました^^*
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
レンが!?
春歌がそう言うと、トキヤは驚いた顔を浮かべる。