無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第118話

トキ×春 両想いVer.
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
アイドルをしている以上恋愛が出来ません。例え、それが叶ったとしても普通の恋人の様には街中を歩く事は少ない。
君には伝えずにいようと思っていました。
…君の事が好きです。
春歌は、あれから数ヶ月後にトキヤの告白の返事を返し付き合う事に決めたのだった。
【トキヤの部屋】
七海春歌
七海春歌
あっ…!!///
一ノ瀬…さんっ!!///
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
ん…///
春歌の白い柔肌に、リップ音とほのかに痕を付けるトキヤ。
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
まだ抜けませんか?
さぁ、もう一度…私の名前を呼んでくれませんか?
七海春歌
七海春歌
っ…///
と、と…///トキヤくん///
(Chu…💗)
一ノ瀬トキヤ
一ノ瀬トキヤ
よく出来ました^^*
もう、間違えてはいけませんよ。
七海春歌
七海春歌
は、はい…///
喘ぐ春歌の声と、シーツ音などが混ざり合う世界に満たされていたトキヤだった。