無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

猫なのに。
あなた

ねぇ行こうよぉぉぉ

ねこ助
無理。絶対無理。
あなた

ねぇぇ行こうってぇぇ

ねこ助
いーやーだーーー!
ねこ助の腕を引っ張るわたしと全力で遊園地から出ようとするねこ助。


わたしたちの目の前にあるのは、そう、お化け屋敷。
あなた

ねぇぇお化け屋敷絶対楽しいってぇぇ

ねこ助
無理!!俺くらいとこ無理なの!!!
あなた

猫のくせに!

ねこ助
俺ほぼ人間だから!!
あなた

ネコミミと尻尾ついてる奴は人間じゃないですぅ!あんたはねこですぅぅ!

ねこ助
こんなん隠そうと思えば隠せるし!
ひょいっと消えたねこ助の猫耳としっぽ。
あなた

…は?!それ消えるの?!聞いてない!

まぁね、とドヤ顔するねこ助。
ねこ助
これに免じてお化け屋敷は勘弁!!
あなた

いやだ!行く!遊園地といえばお化け屋敷でしょ!!

ねこ助
ジェットコースターは?!メリーゴーランドは?!
なかなか折れてくれないねこ助。


……ここは彼女らしくお願いするしか…っ!!
あなた

…お化け屋敷…ねこ助と行きたかったのに…

目をうるうるにして上目遣いでねこ助を見つめる。
あなた

…………

ねこ助
…………
あなた

いーこーおーよー!!

ねこ助
いーやーだー!
結局、ワガママな私にねこ助が折れてお化け屋敷を全力で楽しみました❤