無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第19話

わたしと土谷とあゆと
あゆ
ねーねーねーねー!!
あなた

……

あゆ
ねーねーねーねーねーねー!!!!
無視するとさらに大きな声で話しかけてくるしつこいわたしのクラスメイト。
あなた

あーもううっさいなぁ!今日直日誌書いてんの!

あゆ
ねぇあのイケメン彼氏くんとはどうなのよ~。
こっちは怒ってんのにそんなのお構い無しのあゆ。
あなた

……あー、あいつ。あいつは彼氏じゃないんだって。いとこ。

彼氏だっていうとめんどくさくなるからいとこって嘘ついてる。
あゆ
いとこがあんなお迎え来てくれる訳ないじゃん。流石にそれは無理あるわ。
けど、あゆは全然信じてくれない。
あゆ
で、イケメン彼氏くんとどれくらい?もう1ヶ月?
あなた

んー、まぁそれくらい?

あれからあっという間に時間が経ち、ねこ助が来てから、気づけば1ヶ月を過ぎていた。

毎日ねこ助とはなんだかんだで仲良くやっていてる。
あゆ
ほーんと、どこであんなイケメン拾ったのよ。
あなた

あぁ、まぁ、神様から、みたいな?

あゆは「は?」って顔をしてこっちを見てくる。
そりゃそうか。

わたしは笑って流す。
土谷
おーい。あなた。帰ろーぜ!
教室の入口で土谷がわたしを呼ぶ。
あゆ
お?お?いいのか?イケメン彼氏がいながら土谷と帰っちゃっていいのか?浮気か?お?
あなた

だーかーら、土谷はそんなんじゃないって。

ただの友達だし。帰り道一緒なだけだし。

ね?

って思いをこめて土谷を見る。
土谷は「??」みたいな顔でわたしを見る。
あなた

じゃあ帰るね、バイバイあゆ。

あゆ
えー待ってよ!わたしも一緒に帰るー!
わたしと土谷とあゆで、騒ぎながら学校をでる。



_______まさか、ねこ助が待ってるなんて、考えもせずに