無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

初めましての5時間前
〈質問2 どんな猫がいいですか?(もうなんでもいいから書いて)〉

めっちゃアバウトな質問やん。

とは思いながらも、答えを真剣に考える。


ちょっと落ち込んだときに、温かく優しく包み込んでくれて、楽しいことは一緒に楽しんで、好奇心もそこそこあって、寝る時は布団に入り込んできてくれて、甘え上手な、猫なのにワンコ系みたいな、彼氏かってくらいわたしのこと大好きな猫ちゃん。


……これはやりすぎか?猫にいろいろ求めすぎかな。


まぁ、神様なんだしなんとかしてくれるでしょ。

なーんて、軽い気持ちでアンケート用紙を神様に渡す。
神様
明日までにはあなたの願い叶えられてるから。楽しみにしとけよ。じゃ
そう言うと、またドロンって消えていった。

時計を見ると0時半。
自然とあくびがでる。

明日は日曜日だけど、朝にはペットがきてるって思うの早起きしたくなるな…

いつの間にか白猫キャンペーン(?)が楽しくなってきてる自分に笑ってしまう。

アラームを7時半にセットしてわたしは眠りについた。



……朝、楽しみだな。