無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

543
2021/08/09

第11話

11
あ〜暇。なにしよ
今は部活中。


最近ほんとにチョンロが好きで好きでたまらない。


LINEもインスタもゲットした。


私なりにアタックしてる。
천러
천러
な〜にしてるの?


後ろから抱きついてくるのはチョンロ。


いやまじで突然はあかん。心臓発作よ


あ、や、いや、暇してるだけ
천러
천러
そ。にしても今日いい匂いするね?
え、そう?特に何も変えてないけど、、
천러
천러
えそうなの??僕はこの匂い好きだよ〜
천러
천러
ていうか今日の午後ってなんかある?
いや特に
천러
천러
じゃあさじゃあさ、午後さあなたちゃん家で一緒に勉強しない??
ふぇ?


はにゃ??


一緒にするの? はにゃあああああ!?



この時の私の頭は真っ白。


夢を見ているようだった。


え、する
천러
천러
良かった〜僕数学はできるけど社会はできないんだよね〜
천러
천러
ほら、あなたちゃん社会得意じゃん?
うん、じゃあ社会教えるから数学教えて?
천러
천러
もちろん!!
まじか、、


初デートが勉強会とか



ガチ最高やん。


ありがとうございました(?)


천러
천러
てかもう休憩終了じゃん!!
천러
천러
じゃあまたカトクするね!
うん。わかった。頑張れ!
천러
천러
あなたちゃんにそんなこと言われると頑張るしかないじゃん笑 
頑張るね笑
えっ


そのままチョンロは行ってしまった。


この日はチョンロは3回点数を入れた。