無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

392
2021/09/11

第25話

25
「そうなのかもね...」


































1発目に付き合ったのがDV彼氏。



あなたはそれまでは恋愛なんて全然興味なかった。



だからダメ彼氏か見分けることが出来なかった。








































私も2回か別れ話は
切り出したんだけど
「無理」の二言で終わるのよね...
윈터
윈터
そっか。。。









するとあなたは席を立ち上がり帰ろうとした。



























私は無意識にあなたを止めた。

































윈터
윈터
ちゃんとアタシを頼ってよ。
'





























윈터
윈터
別れ話の '' 作 戦 '' 立てなきゃね☆