無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

415
2021/08/26

第20話

20
4年が経ち私たちは大4になった。


私たちは大学生になった瞬間に同棲し始めた。


チョンロの束縛はあれからまた酷くなった。


正直別れたかった。


だけど私には出来ない。


なぜなら「別れよう」と言った時に


彼が何するか分からないから。


そして私が別れられない大きな理由のひとつは


彼が私をとっても愛してくれているということ。


いつもはすごく優しくてスキンシップも多いし


私を1番に想ってくれてる。


천러
천러
あなたや〜 사랑해요〜♡♡
ふふっ  私も사랑해〜♡♡
1日に1回ちゃんと「好き」という事を伝えてくれる


だけど喧嘩した時や彼が嫉妬した時、不機嫌の時は


もちろん話は別。












천러
천러
はぁ〜っ、、
どうしたの?
천러
천러
またテストでクソみたいな点とったんだけど。
え、そうなの?大丈夫?
천러
천러
はぁ、とりあえずなんか作って。
う、うん
.

























はい、出来たよ
천러
천러
さんきゅ
.





















천러
천러
なにこれ、なんか味薄くない?
え、そう?いつもこんな感じなんだけど、、
천러
천러
んなわけねぇだろ。あぁ(怒)もうちょっとなんか美味いの作ってよ‪(怒)
ごめんなさい、、
천러
천러
もう寝るわ。






















20+21=♡×35

next