無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

639
2021/08/02

第8話

8
해찬
해찬
えぇ?!
아이린
아이린
ほんと?
うん...まぁ少しだけだけどね(笑)
아이린
아이린
え、ちょ、きっかけは?
うーん...























時は遡り2ヶ月前の部活

あぁ〜疲れたぁ〜〜生理2日目は聞いてねぇわ
マネージャーの仕事が一段落つき、


試合を見ていた。
うわぁ、赤チームぼろ負けじゃん、、
赤チーム対青チームは今


10:4


赤チームが負けるのも一目瞭然である。


そう思っているとある時
おおっ 赤チームの反撃が始まったぞ
ん?誰だあいつ
一生懸命ボールをドリブルしながら


ゴールに走っていく人が見えた。


あれって


























チョンロじゃん。
正直部活の中でもそこまで目立たない


同じ部活のメンバーであり私の隣の席の子


チョンロがなんと敵メンバーをするりと交わしながら


ゴールへ向かっていた。
あいつもやればできるんじゃん。。
そしてチョンロはそのまま並に乗っかってシュート。


その後もチョンロを中心に7点入れ、


まさかの逆転勝ち。


この時のチョンロは今までで1番キラキラしていた。


味方のメンバーや顧問、部長にも褒められ


汗を流していてかっこよかった。


汗を拭っているところも何故かかっこいいと感じた。




































아이린
아이린
そりゃキュンキュンするわ、、
해찬
해찬
へぇ〜かっこいいじゃん。
아이린
아이린
ヘチャン君嫉妬してる?ㅋㅋ
해찬
해찬
違いますよッ!
ちょ、聞いて聞いて。まだ他にもエピはあるのよ
































さっきの話とおんなじ日になるんだけど




赤チームが逆転勝ちして休憩に入った時に


チョンロはこちらにやってきた
천러
천러
よっ
お、おぉ。
천러
천러
見てた?さっきの試合
うん見てたよ。やればできるんじゃん。
천러
천러
かっこよかった?
かっこよかったよ。
会話が完全に親子( )
천러
천러
えぇ〜!やった!!あなたにかっこいいなんて思ってもらえるなんて嬉しい!!
えぇ?
천러
천러
俺だってやれば出来るんだぞってところあなたに見て欲しかったからさ。
良かったね笑
천러
천러
あ、そういえばなんか今日体調悪い?後前髪切った?
え?
その通り。


私は今絶賛生理2日目で昨日自分で前髪を少し切った。


それにしてと気づくなんてスゴすぎる。


親友の冬子でさえ気づいてくれなかったぞ。
ま、まぁちょっとね、、
천러
천러
やっぱり〜
천러
천러
てかそれ自分で切ったでしょㅋㅋ
천러
천러
ガタガタだから直してあげる。ハサミある?
え、あ、まぁあるけど。
천러
천러
おっけ。じゃあちょっと来て。
するとチョンロは私の手を引いて


運動場の裏側にある水道に連れていかれた。
천러
천러
ここなら流しても大丈夫だね〜
するとチョンロは丁寧に


私のガタガタな前髪を切り始めた。


あんなにも汗をかいていたはずなのに


いい匂いだった気がする


不覚にもドキドキしてしまった。