無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

452
2021/08/26

第21話

21
彼が不機嫌な時はこんな感じ。


だけど朝になると謝ってくる。
천러
천러
あなた、昨日はごめんね?
ううん!大丈夫、
私ももう少しお料理頑張るね!
천러
천러
ありがとうあなた
私も寝ると忘れるタイプだから


1晩経つと直ぐに許してしまう。


暴力も時々起こる。


チョンロはプライドが高い。


不機嫌な時は私に八つ当たりして暴力を振るう。


そして暴力した直後に我に返って必死に謝る。


私は「あぁ、この子も本当はこんなことしたくないんだろうな」


と思って許す。


これの繰り返し。


































ねぇ、チョンロ、、
천러
천러
どうしたの?
今まで家事全般私がやってるじゃない?
それでその、、家事を分担したいんだけど
천러
천러
なんで??
彼はきょとんとした顔で私を見てくる。


私はいつもこの顔をされると少しうっとなる。
一応私も大学に通ってるし、、
천러
천러
いやけどあなたの方が帰ってくるの早いんだからあなたがやってよ。
いやけど私も忙しくて、、、
천러
천러
何が忙しいの?
課題とか、、
천러
천러
いや、僕も課題してるんだけど
ちょっとだけしてくれたら嬉しいからさ、、、
천러
천러
え、てか僕のあなたの何倍もの量の課題こなしてるんだけど
、、、
ちょっとぐらいやってくれたっていいじゃない!!
천러
천러
は?
천러
천러
てか、俺やってんじゃん。
천러
천러
手伝ってんじゃん。
いや、それでもたまにじゃない!!
천러
천러
じゃああなたがもうちょっと効率よく出来るようにすれば?
そう言ってチョンロは私を突き放す。


そしてまた暴力。


ビンタされたり足を殴られたり


今回のは特別痛かった。


もういいっ!!
私はそのまま深夜に家を出ていった。


































20+21=♡×35

next