第10話

ドSな担任と私のイケナイ恋_____10
1,449
2018/09/19 15:06
学校に着き、それぞれの席へ座った。
そして、朝学活が終わり、1限は数学だった。
そう、数学はそら先生が担当。
昨日みたいな対応してくれるかな_____



























なんて思った私が馬鹿だった。





そら先生
じゃあ、これから授業始めるぞー
そら先生
じゃあ、この問題はー…
そら先生
荒井!お前が解け!







一瞬耳を疑った。
昨日とはまるで違う口調。
急な荒井呼び。
あーあ、やっぱり私はこういう運命なんだ。「身代」ってこうなんだ。
って、改めて思った。








あなた

あ、分かりました…

私は黙々と問題を解き、答えを発表した。
そら先生
お、合ってるな。
そら先生
はいじゃあ次の問題みんな解けー
そして、長い長い授業が終わった。







あなた

ねえ、千尋助けて。辛い。w

千尋
そりゃあ見てればわかる。
千尋
なんでも相談してね?
あなた

うん、ありがと









そして、長い1日は終わり、部活の時間になった。






そら先生
はーい、じゃあまたレイアップの練習なー
そら先生
おい、荒井、お前また打て。
あなた

え…

そら先生
なに。反抗すんの?w
あなた

いや、そういう訳じゃ…

そら先生
じゃあ、打って。
あなた

は、はい。








私は辛い練習に耐え抜き、部活が終わった。
こんなのが、卒業するまでの残り1年間続くなんて考えたくもなかった。
私は帰り道、千尋に相談した。





あなた

ねえ、千尋

千尋
ん?
あなた

どうすればいいと思う?

あなた

もう、辛いよ。

千尋
無理して学校来る必要ないと思うな。
千尋
明日、あなたの心を休める為にも、休んでみたら?
あなた

うん、ありがと




私は家へ帰った。






───────────────────────────────────
作者
10話は終わります!
作者
また、11話でお会いしましょう!

プリ小説オーディオドラマ