第15話

ドラマ撮影③
吉野北人
あなた、お腹痛いの大丈夫?
中島○○
(あ、颯兄お腹痛いってことにしてくれたんだ。)
中島○○
うん!大丈夫だよ!
吉野北人
そっか!
吉野北人
一応掛け布団お腹に掛けときな?
吉野北人
はい、これ。(掛け布団を渡す)
中島○○
ありがとう(*^^*)
吉野北人
いえいえ!
※ちなみに車の中です!
吉野北人
何か曲かけようか?
中島○○
いいの?
吉野北人
うん!
中島○○
じゃあ〜、、、Starlightが良い!
吉野北人
了解!笑
Starlightが流れる
吉野北人
♪You & Meあの街で
星空に包まれ他愛も無い会話で
時間さえ忘れた
中島○○
中島○○
♪もう戻れないよ
寄り添う2つのシルエット
淡い思い出のままにI Just Lookback
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中島○○
やっぱりいい曲だな〜、、、
吉野北人
だね笑
中島○○
Starlightといえば北ちゃんでしょ!笑
吉野北人
そうかな〜?俺はあなただと思うけどな〜。
中島○○
ファンの皆さんは北ちゃんだって言ってる笑
吉野北人
そうなんだ笑
吉野北人
あなたでも良いと思うんだけど笑
中島○○
何で?笑
吉野北人
ん?
吉野北人
えっとねー、、、
吉野北人
すっごい感情が込もってて、透き通るような綺麗な声で伸びのある声で、落ち着くし、何か、星といえばあなた!みたいなイメージがあるから?笑
中島○○
私には星のイメージがあるのか笑
吉野北人
うん笑何か夜空が似合ってる笑
中島○○
なんじゃそりゃ笑でもありがと笑
吉野北人
どういたしまして?笑
あなたの家に着く
吉野北人
はい。着いたよ!
中島○○
ありがと!
中島○○
(あ、そういえば今日お父さんとお母さんと颯兄も居ないんだった、、、。どうしよう。今日あんな事があったから1人は怖い、、、。)
※颯太はどうしても今日は家に帰れないのです!
吉野北人
どうしたの?
中島○○
いや、今日家に誰も居ないんだった、、、って(苦笑)
吉野北人
そうなの?
中島○○
うん、、、
吉野北人
じゃあ、俺の家泊まっていく?
中島○○
(泊まりたいけど北ちゃんに迷惑掛けちゃう、、、)
中島○○
ううん。大丈夫!
吉野北人
ホントに?
中島○○
うん!(*^^*)
吉野北人
(何か引きつってる、、、?気のせいか。)
吉野北人
そっか。じゃあ何かあったらすぐに連絡して!
中島○○
分かった!ありがとう(*^^*)
吉野北人
うん!じゃあね!おやすみ!
中島○○
うん!おやすみ!
北ちゃんの車が去っていく
中島○○
、、、ガチャ
中島○○
ただいま〜、、、
そのまま何も無く過ごせた、、、
中島○○
さ、寝よ。(ベッドに入り電気を消す)
寝るまでは、、、
寝ている間に、あんな事をされるなんて、思いもしなかった、、、。








あなたはまだ知らない。これからどんな事が起きて、北ちゃんの家に泊まれば良かったと後悔する事を、、、。