無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

466
2021/07/19

第5話

🦊



  次の日も , その次の日も


  あの綺麗な人は僕のところにやってきては
  ご飯を良くくれた ,



  あの男の人はあれきりだったけれど
  女の人は毎日来るんだ ,



  僕に毎日美味しいご飯をくれて
  毎日頭を撫でてくれる ,



  おかげで僕は健康体になっていった ,




  今日の夜も , 来た
  元気で過ごしている僕を見て

  大層喜んでくれているようだった ,



  その日 , 眠りにつく夜




Renjun
 … 綺麗 



  満天の星空が広がっていた ,



  満月だ .



  流れ星 , ってやつに願い込めたら
  本当になるって言ったっけ .



  .. 流れ星 , 来い





  僕がそう願ったら ,
  流れ星は本当にやってきた ,






  3回言わないといけなかったのだろうけど
  僕はただひたすらに願った ,





Renjun
 人間に , なりたい 



  僕のその願いは
  虚しくも静かな中夜風に吹かれて消えてった ,




  期待なんて , 最初からするべきものじゃない




  何に対しても , そうだった .