第52話

自己中
星野 光希
星野 光希
お前のせいだ!あなた!
貴方
貴方
ビクッ
光希が私に怒鳴った

もしかしたら…さっきのは全部嘘だったんじゃないかって思ってたけど…

本当なんだ…
全部演技だったんだ……
カラ松
光希!やめるんだ!
カラ松くんが大声を出した
普段大声を出さない人だからみんな驚いた顔をしている
星野 光希
星野 光希
あなたなんて顔だけの奴のくせに……
1人じゃ何も出来ない約立たずのくせに…
ズキン
貴方
貴方
あ……ごめんなさグスッ
私は気づいたら泣いていた…

ここで泣いたらダメなのに……
ダメなのに…
一松
あなた(((
星野 光希
星野 光希
そういう所だよあなた…
泣けばいいってもんじゃないよ?
貴方
貴方
う……あぁ………
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
おそ松
光希いい加減にしろ
おそ松くんはいつもより落ち着いた口調で言った
おそ松
そんな風になる前にあなたと話合うことが出来たんじゃないか?
おそ松
話し合おうともしなかったのは光希だろ?
あなたはさっき思い出したばっかりだ
追い詰めんな
みんなに緊迫感が走った
星野 光希
星野 光希
………そうだね…
でも、いくらなんでもあなたの事庇いすぎ
特別な感情があるからってそれは無いんじゃないの?
特別な感情………? 

なに……?
もう分からない
トド松
この……我儘!!!
トド松くんがそう言って光希の事を突き飛ばした
トド松
さっきから聞いてればなんなの!?
光希ちゃん自分の事ばっかり!自己中!!
星野 光希
星野 光希
うざ…
光希はその一言だけ言ってその場を去っていった
貴方
貴方
…………
一松
大丈夫…安心して…僕がいる
一松くんは私の頭を撫でてくれた
十四松
僕もいるでっせー!!!
十四松くんは後ろから抱きしめてくれた
………暖かいなぁ…