第23話

気遣い
貴方
貴方
んー………!学校終わったー
…授業全然頭に入ってこなかった……

ずっとあの事考えて…いたから……


だから朝野くんや、チョロ松くんの顔なんてまともに見れていない……



怖かったか
ら……


こんなこと思ってちゃ失礼なんだと思うけど…

でも…………

とりあえずもう光希誘って帰ろう…
貴方
貴方
光希ー!
かーえーろー!!!!
星野 光希
星野 光希
あなた!
ごめん!今日は先帰ってて!
貴方
貴方
そっかー!
分かった!またあした!
光希と一緒に帰れないのか………


仕方ない!!
1人で帰ろう!!!


………でも寂しい




今日は誰かと一緒にいたい……
1人は怖いよ……

???
…………ねぇ
下駄箱で立ち止まっていると誰かに話しかけられた
貴方
貴方
んぇ!?
貴方
貴方
あ!えー…と確か……一松くんだ!!!
一松
…………そうですよねぇ…ゴミの名前なんていちいち覚えてられないですもんねぇ……
貴方
貴方
ゴミだなんて思ってないよ!
一松くんは、猫が似合う可愛い人!!!
一松
!?
一松
何言ってんの……/////
本当だ…
私何言ってるんだろう…

今日の私はやっぱりおかしい…
貴方
貴方
ご、ごめんね!
変なこと言って!
一松
…別に謝らなくていい
一松
嬉しかったから……((ボソッ…
貴方
貴方
何か言った?
一松
そんなことより……下駄箱の前につっ立ってなにしてたの………?

話逸らされた……


…私そんな長く立ってたかな……
一松
ねぇ…聞いてる?
……一松くんに帰る人いなくて寂しかったなんて本当の事を言えるわけが無いし……

……………


なんて言おう………
貴方
貴方
し、身長を!測ってッたんだ!?
まてまてまてまてま((((
私は何を言っているんだ……?

落ち着け……落ち着け……
一松
身長…?どうやって測んの?
貴方
貴方
え…えぇと……
うぁぁ……
どうしよう…

やらかした 変な人だって思われた……
一松
…………
一松くんは黙って私の手を引き外に出た
貴方
貴方
え!?どうしたの?
一松
…猫……子猫が産まれたから…見に行く
貴方
貴方
それって…私も行っていいn((((
一松
はやく…………行くよ…
……一松くん

私の事気使ってくれてるのかな……
貴方
貴方
ありがとね(*´˘`*)
一松
ッ!/////
一松くんは何も言わずに前を向いて私の手を引きながら歩いていった


本当にありがとう 一松くん



私はその日猫に癒されて家に帰っていった