第67話

謝罪
貴方
貴方
みんなごめんね?
私はそう言って勢いよく首に刺そうとした瞬間
チョロ松
あなた!!!
私はチョロ松くんに押された
でも急にはハサミを止める事は出来ず

私はチョロ松くんを刺してしまった
チョロ松
ッ!
貴方
貴方
そ、そんな……
嘘…だよね?
私のせいでチョロ松くんが
う、ぁどうしよう

どうしよう
私そんなつもりじゃ…

私が早く居なくならなかったから
関係ない人まで……

もうヤダ無理やだやだやだ
六つ子
チョロ松!/チョロ松兄さん!!
一松
な、にこれ……
僕がいない間に何があったの…?
チョロ松兄さんが……
チョロ松
ッみんな大袈裟だなぁ…
ちょっと顔に掠っただけだよ…?
チョロ松くんはそう言っているけど
明らかにちょっと掠っただけじゃない

深い……深く刺さって…
血が…

私のせいで…
貴方
貴方
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
貴方
貴方
私のせいで…全部全部……う、あぁあ
チョロ松
あなた大丈夫だから
気にしないで
そう言って抱き寄せてくれた
おそ松
……チョロ松お前は気にしろ病院行かないとダメだ
傷が深い
トド松
ぼ、僕救急車呼んどいたよ!
トド松くんは結構前から救急車を呼んでいたらしい
貴方
貴方
み、みんな……
カラ松
あなたも病院行くぞ
手が血だらけだ
カラ松くんはそう言って笑いかけてくれた
私は申し訳ない気持ちで押し潰されそうだった
貴方
貴方
ごめんなさい……