第31話

貴方の車side(?)
………これは、かなり気まづい…

隣にカラ松くんが座ってる…
待ってあの事思い出しちゃう!

恥ずかしい……

うわぁぁぁぁぁぁぁ

──────────────────────

ちなみに座席は

あなた母¦松代

お、あなた、カ、十

──────────────────────
おそ松
あなたなんでそんな顔赤いの?
貴方
貴方
……聞かないでください/////
十四松
あっはは~!
顔真っ赤~!!!
十四松くん!!

そんな大きな声で……
カラ松
熱でもあるのか…?
貴方
貴方
!?な…ない/////
カラ松くんが心配したような顔で私の顔を覗き込んだ

私は恥ずかしくて思わず顔を逸らしてしまった
おそ松
………
十四松
おそ松
カラ松お前…あなたとなんかあったのか?
貴方
貴方
わぁあ!!
おそ松くん!?雲があるよ!?
私は思わずそう叫んでしまった……

おそ松
え?あ、うん
どうした急に?
カラ松
…………
こんな事してたら
私が気にしてることバレちゃう……
────────────────────────
私はこんな事を目的地に着くまで繰り返した…

おそ松くんは私の慌てる顔を見て遊んでた………