第34話

王様ゲーム
おそ松くんがみんなに呼び掛けをして王様ゲームをすることになった

なんだかわくわくする!
おそ松
じゃあいくぞ~
王様だーれだ!
えっと、私は…3番だ!
星野 光希
星野 光希
あ、私王様だ…
おぉ!光希が王様か!
どんなことを言うんだろう!
十四松
じゃあ~命令をどうぞーーー!!!
星野 光希
星野 光希
う~ん、2番が4番に殴られる?w
な、なんと残酷な!
誰だろう2番と4番…
チョロ松
僕が4番だ…
おそ松
俺2番じゃん! 
まじか~俺チョロちゃんに殴られんの~?
チョロ松
チョロちゃん言うなし!
( ∩'-' )=⊃ )´д`)ドゥクシ
おそ松
ぅわ、痛てぇ……
チョロ松お前本気で殴っただろ!?
うぅ……
おそ松くん痛そう大丈夫なのかな?
貴方
貴方
おそ松くん顔大丈夫?
おそ松
あー、大丈夫じゃないかも…
だからあなた俺に膝枕してくんね?
チョロ松
このくそ長男調子乗るなボケェ!!!
チョロ松くんがおそ松くんに殴り掛かった
トド松
ほんとチョロ松兄さんの言う通りだよ!
調子乗りすぎ!
貴方
貴方
私は膝枕くらい別に大丈夫だけど?
おそ松くん痛そうにしてたし膝枕くらい大したことないのに…
一松
あなたの照れる基準が分からない…
カラ松
確かにそうだな
そんなにおかしいのかな?

……お姫様抱っことかなら恥ずかしいけど
膝枕は別に恥ずかしくなんかないんだけどな……
貴方の母
みんな~
そろそろお風呂の時間よ~
貴方
貴方
え!
もうそんな時間なの!?
時間経つの早いな~
まだ1回しか王様ゲームしてないのに…

何かをしてる時って時間が流れるのが早いから怖いんだよなぁ…
チョロ松
じゃあ、みんなもう行くよ
チョロ松くんの声掛けでみんなお風呂場に向かっていった


私達も早く行かないと
星野 光希
星野 光希
あなた行くよ~
貴方
貴方
うん!