第62話

これからもリセットしなくちゃ
貴方
貴方
ほら!皆早く学校行くよ~!
面倒くさいな…
早くこの場から去りたい

光希の顔見たくないんだけど…
そんな思いで私は皆に早く学校行くように言った
おそ松
…そうだな!
早く学校行くか~!
流石おそ松くん
こういう時ちゃんと乗ってきてくれる
それに続いて他の人も来るから
凄く楽だ
カラ松
あなた……
─────────────────────
ガラガラ
モブ
モブ
うーわ、来たよ……
私が教室に入ると騒がしかった教室が静かになる
そして文句を言われる
おそ松
お前らやめろよ
そう言っておそ松くんは止めてくれるけど
皆はやめようとしない

ずっと立ってるのは疲れるから
早く席につこう
貴方
貴方
私が席に着くと皆がクスクスと笑い始めた

なんだろうと思いながらも教科書を机の中にしまおうとした瞬間

机の中から泥が出てきた
チョロ松
え、なにこれ!?
チョロ松
あなた大丈夫!?
貴方
貴方
え、うん
チョロ松くんは私より慌ててる
普通逆じゃない?


別にいっか
なんだろう…なんか全部どうでもよく思えてきた

……リセットって大事なんだね…
これからもリセットしなくちゃ

にしても机汚いな…

先生来るまでに片付けられるかな?
おそ松
あなた手伝うぞ
チョロ松
僕も手伝う
そう言って2人は片付けるのを手伝ってくれた

私の事なんてほっといていいのに……
貴方
貴方
…ありがとう
私は小さい声でそう言った