プリ小説

第7話

*
ガチャン
テヒョン
テヒョン
あっ!ジミナ!帰ってきたんじゃない!?
ジミン
ジミン
ただいま…
テヒョン
テヒョン
おかえり!ジミナ!なんか…元気ないね?大丈夫?
ジミン
ジミン
うん、大丈夫、テヒョンア、ちょっと1人にして…
そう言ってジミナは、部屋に入っていった______
テヒョン
テヒョン
どうしたのかな?
ユンギ
ユンギ
疲れだろ。練習の。
テヒョン
テヒョン
そうなら…いいんだけど…
ナムジュン
ナムジュン
どうした?テヒョン。
テヒョン
テヒョン
最近、ジミナおかしいなぁって思って…前までの糸目で笑うジミナを見なくなったなぁと思って…
ユンギ
ユンギ
俺は、ジミナは、なにか隠してると思う。
テヒョン
テヒョン
え…?
ユンギ
ユンギ
だから、ジミナに聞いてみようと思う。
ジン
ジン
そっか…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Saewon。
Saewon。
♡.。・-・-・-・-・-・- ・-・-・- ♡.。 あんにょ~ん☀︎ 初めまして、こんにちは、せうぉんです ⸜❤︎⸝‍ 気ままに 小説 書こうかな って 思って ます☺︎ 防彈少年團 様 SEVENTEEN 様 の小説を主に書きます☀︎ こんな 感じの 小説が あるんだ ~ って言うくらいの 気持ちで 呼んでくれると 嬉しいです ❤︎ ・まうめどぅぬんどぅんろぐ✩ ・ちょあよ ♡ 宜しく お願い 致します ⌄̈⃝ あなたの 好きという 気持ちが、私に とっての 大事な 気持ち です ¨̮ 誰かに とっての 、居場所に なれますように_____。 そして、誰かに とっての 癒しの場所 に なれますように____。 ♡.。・-・-・-・-・-・-・-・-・- ♡.。
ノンジャンルの作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!