プリ小説

第4話

*
目がぼやけはじめて1時間後…

僕の目は治った。
ジミン
ジミン
はぁ…やっと見える…
みんなの踊っている姿が見えて嬉しいはずなのに…全然嬉しくない…

みんなに、負担しかかけていない感じがして…
テヒョン
テヒョン
じみなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ダンス練習終わったよ!帰ろ!
ジミン
ジミン
あ、うん
全部練習ができなかった…

1週間後にはワールドツアーが始まるのに…

こんなので…こんなので…いいはずがない…

ジミン
ジミン
あっ、みんな!僕、今出来なかった分、練習していくから、先に帰ってて!
ジン
ジン
え?いいけど大丈夫か?
ジミン
ジミン
うん!もうすぐツアーだって始まるし、休んでいるわけには行かないんだ!
ホソク
ホソク
うん、まぁいいんじゃない?
ジミン
ジミン
ありがとう!!
ジン
ジン
じゃあ、帰ろう!
ナムジュン
ナムジュン
そうだな!ジミナ!頑張れよ!
ジミン
ジミン
うん!ありがとう!
ユンギ
ユンギ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Saewon。
Saewon。
♡.。・-・-・-・-・-・- ・-・-・- ♡.。 あんにょ~ん☀︎ 初めまして、こんにちは、せうぉんです ⸜❤︎⸝‍ 気ままに 小説 書こうかな って 思って ます☺︎ 防彈少年團 様 SEVENTEEN 様 の小説を主に書きます☀︎ こんな 感じの 小説が あるんだ ~ って言うくらいの 気持ちで 呼んでくれると 嬉しいです ❤︎ ・まうめどぅぬんどぅんろぐ✩ ・ちょあよ ♡ 宜しく お願い 致します ⌄̈⃝ あなたの 好きという 気持ちが、私に とっての 大事な 気持ち です ¨̮ 誰かに とっての 、居場所に なれますように_____。 そして、誰かに とっての 癒しの場所 に なれますように____。 ♡.。・-・-・-・-・-・-・-・-・- ♡.。