前の話
一覧へ
次の話

第8話

2人に攻められて(ストーリー7)
158
2022/11/20 13:44
~あなたの下の名前視点~
さとみくんって、猫の時は可愛いよね…
ずっと猫でいて欲しいな…
そう思いながら可愛いピンク色の毛を撫でた。
ころん(猫)
ころん(猫)
っ…ガチャ
あっ、ころんくんだ
さとみ(猫)
さとみ(猫)
んんっ…にゃんにゃん…
(んんっ…気持ちいい…)
ころん(猫)
ころん(猫)
にやん…
(ずるい…)
ころんくんは拗ねたように私に身をゆだねてきた。
可愛いな…
(なまえ)
あなた
ヨシヨシ…
優しく優しく綺麗な毛を撫でる。
そうすると口元を緩ませ満足したかのように笑った
(なまえ)
あなた
ずっとこのままがいいな…
でも、そう人生は甘くない
(なまえ)
あなた
んぁっ…//
私の喘ぎ声が部屋に響く
夜の恒例行事。
今日はさところに襲われる。
他の人達はどこにいるんだろう…
あぁ、なんも考えられなくなってた…
ころん
ころん
今日はいつも以上に濡れないね…
さとみ
さとみ
ころんが下手なだけだろ
ころん
ころん
はぁ?
なんか喧嘩してる…?
私は十分気持ちいいんだけどっ…
さとみ
さとみ
俺が手本見せたるよ
(なまえ)
あなた
っ…♡さとみくん?
目の前の視点が変わる。
かっこいいイケボの男の子
さとみ
さとみ
…チュチャクチャチュポチュポ
(なまえ)
あなた
んあっ…///
指が私の中を掻き回すように動く。
また中の感覚が変わった。指が増えた
入れられてるみたいっ…
(なまえ)
あなた
んっ...///
ビュルルルルル…
さとみ
さとみ
ほらな?
やっぱころんが下手なだけ
ころん
ころん
ぐぬぬ…
勢いよく飛んだ。
2人はまだ言い合いをしている。
記憶が曖昧のためなんて言ってるのか全然分からない。
でも、私は今すぐにでも触って欲しい体になってしまった
(なまえ)
あなた
2人ともっ…早く…
触って?♡
さとみ
さとみ
ヤバっ…
ころん
ころん
エロすぎでしょ…ふふっ
さとみ
さとみ
いれたろっ…//
ヌプププ…
(なまえ)
あなた
ひゃっ…//んんっ…//
一気に入れられた。
おっきい…//さとみくんってこんなにおっきかったんだ…//
私の穴がさとみくんまみれっ…//
(なまえ)
あなた
さとみくんっ…//もっと…//
さとみ
さとみ
はぁっ…//大好きっ…//
ころん
ころん
僕も入れる…
クチュ…
(なまえ)
あなた
へやっ…//
さとみくんよりも一回り小さい息子。
ころんくんって、可愛っ…//
(なまえ)
あなた
すきぃっ…//
ころん
ころん
パンパンパンパン
さとみ
さとみ
おい、動きすぎっ…//パンパンパンパン
(なまえ)
あなた
んぁっっっっ///
沢山動く2人。
死んじゃう…//
おっきいのと小さいのがぼこぼこしてて、すごくっ変な感じっ…
(なまえ)
あなた
もうっ…止まって〜//
ジェル
ジェル
るぅと
るぅと
莉犬
莉犬
ななもり。
ななもり。
ま!!
(なまえ)
あなた
え?
さとみ
さとみ
ヤバっ…
ころん
ころん
つ、続く!!

プリ小説オーディオドラマ