無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

お菓子作り

「は〜い、では今日はクッキーを作りまーす」


今は家庭科の時間。


どうやら、クッキーを作るらしい。

「好きな男の子にあげてもよし!友達と交換するもよし!自分で食べるのもよし!家族にあげるのもよし!
とにかく、自分の好きなように作ってください!スタート!」


先生がそう言うと、みんなが一斉に作り始めた。

佐倉 帆夏
佐倉 帆夏
どうする?

同じ班で作る帆夏がそう聞いてきた。
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
うちらで交換する?
佐倉 帆夏
佐倉 帆夏
いや、でも……莉奈は浜崎にあげないの?私はいいよ


あぁ、一応まだ付き合ってるんだ。浜崎はもしかしたら期待しているかもしれない。

今日の授業は男子の間で話題になってたみたいだし。

佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
そうだね

浜崎にはいっぱい迷惑かけたし、お菓子くらいプレゼントしないと…っていうのは分かってる。

でも、私があげたいのは……違う人な気がする。


迷惑だけど、憎めない

大嫌いなのに好き


だけど認めたくない


そんな私を混乱させるあの後輩にあげたいのかもしれない。


でも、最後…だから。


私は二つ分の材料を取り出した。