無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

決断
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
柊斗!

学校に戻り、みんなと夜の打ち上げの待ち合わせ場所を確認して、一度帰宅していた時。


柊斗の姿が見えた。


笠原柊斗
笠原柊斗
先輩……どうでしたか?
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
優勝したよ
笠原柊斗
笠原柊斗
ほんとですか!?おめでとうございます!


そう言う柊斗は本当に心から祝ってくれているように見えた。


佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
リストバンド……元気出た。ありがとね
笠原柊斗
笠原柊斗
……どういたしまして!


柊斗はそう言うと、ニコッと微笑んだ。


それより、さっき微妙な間があったような。


気になる……


佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
その…間は何?
笠原柊斗
笠原柊斗
え?……あぁ!先輩からの滅多に貰えない「ありがとう」を噛み締めてただけですよ
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
何それ…


今の私は、柊斗といて楽しいと思ってる。


柊斗といることが楽しい。


けど、浜崎といると少し落ち着かない。


分かってるの。


私が付き合うべき人が誰なのか。



ちゃんと話して、別れよう。


私はそう決めた。