無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

コンソメスープの力
佐倉 帆夏
佐倉 帆夏
おはよ!
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
おはよー
佐倉 帆夏
佐倉 帆夏
よくなってよかったよー!


帆夏はそう言って、ギューッと抱きついてくる。


可愛いから私も抱きしめたくなってしまう。


佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
コンソメスープのおかげ!


柊斗のコンソメスープと帆夏と浜崎のコンソメスープ。

きっと薬よりも効果抜群だ。


浜崎 智弘
浜崎 智弘
お、来れたんだな
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
うん……ねぇ、浜崎。ちょっといいかな
浜崎 智弘
浜崎 智弘
……放課後なら
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
じゃあ、放課後に


放課後……ちゃんと伝えなきゃ。


柊斗のことが好きなのかは分からないけど


きっと、浜崎に対する思いは本当の「好き」じゃない。


このまま付き合うなんて浜崎にも申し訳ないよ……


佐倉 帆夏
佐倉 帆夏
どした?先生来たよ?
佐々木 莉奈
佐々木 莉奈
あ、うん……


帆夏に肩を叩かれ、私は席に着いた。



ー作者からー

いつもありがとうございます。

今回から更新頻度を週2回に増やしていきたいと思います。予約投稿です。
よろしくお願いします🙇‍♀️