第2話

夜のこと
382
2021/11/23 04:44
五条悟
ツンツン(エクボをつつく)
起きねー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー<I Like It 18中身編>

7時前かぁ・・
起きよっかな〜。なんかもぅ、寝れない。
スヤスヤ眠るあなたをしばらく見てた。
昨日、オレはあなたの初めてを貰ったんだ。

始めるまでさぁ、まー、長かった。
騒ぎ散らかしたな〜ハハハ
時間稼ぎも不安からなんだろうけどさ。 
「待て」を何回かくらった。
待たせんの得意かよ。

オレがあなたに片思いしてた、1年ちょっとにしかれ
(さしすの「さ」の恋 参照)
昨日の夜にしかれ、待たせられてる間に
自分の気持ちや、どれだけあなたが大事なのかを知れた。
実はこの時間、オレには必要だったんだよね。
結局の所、あなたが愛おしいんだよなぁ。
大概オレも自分大好きだけどー
もしかしたら、負けたかもハハハ。

ま、この事気持ちは誰にも言わないけどね。
話せる奴も居なくなったしさ。
この先、きっとあなたにも。言わない。

でも、昨日の夜の「待て」で数回萎えそうになった訳さ。
1回は完全に萎えた。
ちょー健康優良児なオレだから、復帰できたけど。

つー事で、天気のいい今日は
カーテン全開〜 シャッ
いや〜、仕返し日和だな。ハハハ。

五条悟presents 
第1回どこまで絶えられる?あなた選手けーん。
選手は一人だけどね〜。
昨日以上に恥ずかしがっていただくよ。
五条悟
ニヒッ。風呂入ってこー。ヘヘヘ〜ン
ー昨晩ー
五条悟
ん。やっぱ似合うな。
オレってばセンスいーねー。
あなた

///ありがとう。

前、一緒に出掛けた時に買ったネックレスを渡した。
まさか自分に来るとは思ってなかったんだな〜
あなたの目が潤んでる。
大学合格、高専卒業祝になったかな。
(ILikeIt参照)

そーいや、なんであなたにネックレス買ったんだっけ?
あ、実家に外商が来たとき
似合いそうだなと思って、頼んだんだ。
アレ?付き合う前だったよな〜
今思えば、フラれなくて良かったぁ。

喜んでくれたみたいだね。

キラキラしてるって笑ってる。
そーだな、キラキラしてるな。似合ってるよ。
あなたも負けてねーぞ。ハハ


さてと、
五条悟
(あなたを見てる)
じゃ、そろそろ始めよっか。
あなた

へ?

ソファーに居るあなたの隣に座った。
軽くキスしたら
もぅ・・・オレ、暴発だった。

オレ、禁欲部屋に入ったままだったからさ。
(さしすの「さ」の恋、参照)
マジメに任務に生きてた訳よ。

いや、我慢したんだよこれでも。
1年以上誰とも関係持たず、頑張った。
部屋入った瞬間、押し倒しそうだったもん。
カラダって正直だよな。
Xmasん時も、ちょ〜堪えたし。
(ILikeIt参照)

トロ~んとしたあなたの表情も加えて、
自分を止められそうになかった。
んで、ソファーで押し倒しちゃったって訳。アハ
あなた

…ン (唇を離す)ちょっ・・・

五条悟
ん?・・どーした?
オレを見るあなたの目が、怖がっている様にも見えて
勢い良すぎたかな?
ちょっと冷静さを取り戻した。
あなた

(首を振る)/////

五条悟
…ベット、行こっか
緊張してんな〜あなた。
まぁ、そうだよなぁ。初めてだもんな。怖いか。
暴発してる場合じゃねんだよ。オレは。

手を引いて、ベットに行く。
でも、また暴発しそうになっちゃってさ
ベットに、押し倒しちゃったんだ。
あなた

ン・・・ね。

五条悟
なに?
(服を脱がそうとする)
あなた

///で、でんき消して欲しい///

五条悟
暗くすんの?
あなた

うん。・・恥ずかしぃよ///

五条悟
暗くしたら、何にも見えないよ?
お前だけ。
あなた

私?だけ?

五条悟
オレ、暗くても全部見えてるし。
て事で、付けててよくね?
(キスしようとする)
あなた

そーなの?
・・・ヘヘでも消して欲しい///

五条悟
んーじゃ、ベットライトは付けとこ。
な? パチッ
あなた

(首を振る)…ヤだ。余計明るいよぉ。
見えてるなら、消したっていいじゃん。

えー明るい方が絶対いーのよ。色んな意味で。
マジ、お前中断すんなって。

消す消さないで、あなたが全然ノってこねーし
いーんだか悪りーんだか、お陰で完璧クールダウンした。
つか萎えたわ。

まぁ、はしゃいでる様にも見えて、可愛いんだけどさ。
本心は何してくれてんだよっ。て感じよ。
マジ、この「待て」をくらった状態で終わるのだけは、
勘弁だ。
あなた

ガバッ(起き上がる)消してくる。
(部屋の電気を消しに行く)

五条悟
あっそ。ハイハイどーぞ。
(ヤる気はあんのね)
ココも(ベットライト)消すの?
あなた

ちょっと待って、真っ暗だと見えないから
最後に私がけ…

たがら言ってんだろ?何も見えなくなるって。
あ〜あ〜、居る部屋から消してやんの。
奥の部屋から消せばいいものを。
真っ暗の中、こっちまで来れんのか?

お望み通り、消してやるよ
パチッ(ベットライトを五条が消した)
あなた

ちょっと〜

五条悟
ハハ早く来いよ。
暗い方がいーんだろ?
急に消されて、鳥目になってんじゃんよ。
あなた

ソロリソロリ(ゆっくり歩いてる)電気つけてー
ハハハ何にも見えないよ〜

五条悟
ー・・
あなた

五条〜おーい。

五条悟
ククク(来た来た)
あなた

無視しないでよ〜

何かさ、
くだらねーて思ってんのに
イライラしないんだよな〜
こーゆーの、幸せって言うの?ワクワク?ドキドキ?
なに?この感情。楽しいんだけど。
オレ、頭イカれたかな。
五条悟
(ほらほら、ベットにぶつかるよ〜)
ゴンッ
あなた

痛っ。(ベットに座る)フー着いた。
フヘッ。いたたた〜

ほら〜。ザマ

まぁ…多分、本気で恥ずかしいんだろーなぁ・・・
やめる?とは言いたくないんだけど。
時間稼ぎか?どーしていーのか困ってんの?
あなたも覚悟はしてるみたいだもんね。

いじらしくなって、後ろから抱きしめた。
あなた

ビクッ。も〜。返事してよ。

五条悟
フフッ・・・(あなたの肩に顔を乗せる)
・・・あなた、怖い?
あなた

・・・///コクンちょっと。ヘヘ

五条悟
ん…そぅ。
預けてくれて、大丈夫だよ。
な?
あなた

///ん///コクン

真っ暗の中で、な。
終わって間もなくあなたはグッスリ眠った。
ちょっと涙目だったし、頑張ったもんな。

しっかし、寝顔さ〜若干口角上がってて
寝てる時も、薄っすらエクボってんのよ。
可愛くね?
そーんな顔されたら、
第2ラウンド絶対するに決まってんじゃん。
はっきり言って、し足りないんだよ。

お前のせいで、今夜はずっと待てを食らってる気分だわ。
だし、そん時ばっか名前で呼ぶなよ。フフ
余計上がんだろ〜↑↑↑
どうしてくれんだよ?

まいーわ。明日の朝、覚えてろよ。ハハ
五条悟
チュ(オデコキス)
フフフッ。また明日。おやすみ。

プリ小説オーディオドラマ