無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,228
2018/08/28

第3話

3 恋の惑星
電車から降りて、あなたちゃんを探す。

んー、どこだ…?
あなた

おーい!!

あっ、いた。

俺にわかりやすいようにジャンプしてるの。

可愛いじゃん、ぴょこぴょこしてるw

待たせたら悪いからはやく行くけど、可愛いからみていたいとか思ったり。
みやかわくん
おまたせ!
あなた

もー、みや、見つけてくれないから、ずっと跳ねてたんだよ?

みやかわくん
ごめんごめんw
あなた

行こ?

みやかわくん
うんっ
外は暗かった。

イルミネーションが綺麗だな。
みやかわくん
あっ!あなたちゃん、ここに立って!
あなた

えっ?こ、こう?

みやかわくん
そう、📸(パシャ)
あなた

ちょっと〜///

みやかわくん
可愛いモデルさんありがとう
あなた

もう、からかわなくていいですぅ

あなた

あっ、ここ

みやかわくん
立派なマンションだね…
あなた

家賃は親出してくれるから、これくらい良いとこでいいかなーってw

みやかわくん
ふふっw
あなた

みやは、お兄ちゃんと妹子と一軒家でしょ?凄いじゃん

みやかわくん
うちは、お兄ちゃんが働いてるからねw
あなた

あー、そっか

あなた

ソファに座ってて、今お茶出すから

みやかわくん
あ、いいよ、全然
それから俺たちはいろいろ話した。

学校の話、歌の話…

いつの間にか時計は終電ギリギリの時間を指していた。
みやかわくん
眠くなってきた…
あなた

そだね…って、え!?

みやかわくん
なに!?
あなた

時間!!!

みやかわくん
え、やば!終電!
あなた

急いで!一緒に行く!

みやかわくん
俺1人で大丈夫!ばいばi…
あなた

だめ!私もついて行く!

みやかわくん
ん〜、まぁとにかく急ごう!
あなた

りょーかい!

みやかわくん
あっ、駅!
アナウンス)電車が発車いたします🚃
みやかわくん
あああああ
あなた

えぇ!

みやかわくん
どーしよどーしよどーしよ…
あなた

と、とりあえず、お兄ちゃんとかに連絡してみたら?

みやかわくん
そうだ…ね
兄)もしもし

みや)あ、もしもし

兄)どした?

みや)あのね、終電逃しちゃった…

兄)え、なに、どーすんの

みや)それがわからないからお兄ちゃんに連絡してるの

兄)自分で考えろよ、もう二十歳すぎてるんだから!
みやかわくん
はぁ、どーしよ…
あなた

あ、あの、私の家、泊まってく?

みやかわくん
え、えぇっ!?