無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,112
2018/09/08

第7話

5 恋の惑星
みやかわくん
…っ!?
今、おれ、抱きしめられてる…

あったかい…///

でも…

理性がもたないぞ!!!

どうしよ…襲いそう…
あなた

みや、?

みやかわくん
え、あ、あぁ。
あなた

寝よう?

みやかわくん
そうだね。
あなた

まぁまだ眠くないけど笑

こ、こいつぅ〜?

誘ってるのか!?!?

寝よう=ベット 眠くない=しよu…?
みやかわくん
何、誘ってんの?笑
あなた

ちが…そういうわけじゃ///

うぉ、かわいいなぁこいつぅ!

この反応は処女か…?

純粋すぎるし、そうかもしれない、

やば、さらに襲いそう…!
みやかわくん
ごめんごめん笑
寝よっか?
あなた

うん///

みやかわくん
ベット…あなたの匂いする…いい匂い…
あなた

なにそれ…私のこと落としにかかってんの?///

みやかわくん
ちが、ちがうよっ///
あなた

うーそ、からかっただけ笑

みやかわくん
もう///
やべ、危ない。

本当に落としにいってたかも…。

だめだ、テオくんの可能性が、

いや、まてよ。

じんたんってこともありえる!

まだ、このままの関係を保とう。
あなた

おやすみ!

みやかわくん
おやすみー
(ガタガタコトコト)

ん…朝か…なんか聞こえる…。

こっちの方かな…?
あなた

あ、みや!おはよう!

みやかわくん
お、ん?朝ごはんだ!
あなた

そうだよ笑

みやかわくん
めっちゃいい匂い〜
あなた

さ、座って!食べよう!

みやかわくん
うん!いただきまーす!
みやかわくん
うんっ、うまっ♡
あなた

本当?よかった!

あなた

人に料理とか振る舞ったことなくて、怖かったんだけど…良かった!

みやかわくん
怖かったの?
あなた

うん、「まず」って言われたらどうしようって

みやかわくん
お店出せるレベルだよ!安心して!
あなた

大袈裟すぎー!

みやかわくん
本当だよ!
あなた

もう笑

ピンポーン
テオくん
お邪魔しまーす!
テオくん
あれ、誰か来てんの?
テオくん
ってみや!?
みやかわくん
あ、テオくん。おはよー。
テオくん
みや!?付き合ってんの!?
みやかわくん
え?
あなた

え?

テオくん
あ、違うんだ。
みやかわくん
うん
テオくん
え、朝ってことはセフr…
あなた

ばっかじゃないの!?

あなた

人の家朝から押し寄せてきてなんなの〜!

テオくん
ごめんごめん。ケーキ買ってきたんだ。4つ。
あなた

嘘!本当!

テオくん
そー、いつものところ!
あなた

きゃー!テオくんありがと!

じんたん
あの、僕もいるからね?笑
みやかわくん
じんたーん、おはよう。
じんたん
おはよう!久しぶりだね!
みやかわくん
お、そうだね!
テオくん
4つ、買ってきたのはみや呼ぶため。
じんたん
なのに電話でないしねーw
みやかわくん
ごめんごめんw電源切ってたわw
あなた

はやく食べたい!

みやかわくん
俺とりわけ皿とってくる〜
あなた

お、気がきくねぇ

みやかわくん
(たしかここ、?)
テオくん
こっちだよ。
みやかわくん
お、ありがと。
みやかわくん
通い慣れてるの?笑
冗談で聞いてみる。

少しいじわーるしてやる。
テオくん
まぁね、笑
みやかわくん
そ、そうなんだ…
なんだよ、本当なのかよ。

え、なんで、こんな俺嫉妬して!
本当にあなたちゃんのこと…