無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

わざわざ言わなくても分かってる
デブ?









ブス?

































そんなこと、知ってる。






















運動も食事制限もした。











それでも体重は減る気配はなくて、逆に増える一方。
















だから、








マスクをして前髪も伸ばして、顔が見えないように。




















感情を見せないように、してる。





















私服のスカートをロングスカートにして足の太さ、特に太ももの太さが見えないようにしてる。











お腹周りに肉があまり付かなかったことが不幸中の幸いといったところだろう。





















中学の制服はウエストがキツく、上のセーラー服は動きづらかった。











もう着ることはないから、いいのだけど。







































太りたくて太ったわけじゃない。











ブスになりたくてなってるわけじゃない。





















生きたくて生きている、わけじゃない。















なんで、分かってくれないの?