無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ココロの内
うざい
うるさい
話しかけるなよ
知らないくせに
分からないくせに
面倒臭い
八つ当たりしてくるなよ
鬱陶しい
可愛子ぶるなよ
気持ち悪い
合わせるの疲れる
聞く気なんて無いくせに
心にも無いくせに
助ける気なんて無いくせに
どうでもいいくせに










などなど。

皆、心の中で、必ず一度は思う、思い浮かぶ言葉。

でも、その言葉を口にすると、叱られる。虐められる。








だから皆、心の中に仕舞っておく。



だから、人間の本心は解らない。








その人が、言われた言葉でどれだけ傷ついているか、

どう思っているか、分かるはずがない。















だって、自分を仕舞い込んで、自分を守るために、











































偽りの自分を演じているから。








『デブ』
わざわざ言わなくても
『ブス』
言われなくても知ってる
『死んでよ』
言ってもなにも変わらないのに





今日も今日として、言われ続ける。
あなた
……さい…うるさい!





そんなこと、自分が一番…





























あなた
わかってんだよッッ!!!