無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

友達とカラオケ
今日は学校が休みだ。なので、

今日は、中学の友達とカラオケに行く。親友の美希との2人カラオケだ。いやぁ、めちゃくちゃ楽しみです!

服は水色をベースに体型が隠せる服装を着た。なんで水色かって?好きだから。そんだけ。






あなた「久し振り、美希」

美希「久し振り~。さて、行こ~」

あなた「うんw。今日はなに歌う?」

美希「やっぱ、命に嫌われている、でしょ!」

あなた「それな~!」

あ~、楽しい!。久し振りってのもあるし、カラオケってのもあるけどw。





*****




あなた「適当に入れてくな~」

美希「最初のは一緒に歌お?」

あなた「りょ!」

私は『命に嫌われている』や『セカイ再信仰特区』などなど、歌いたい曲を入力していった。






最初は、命に嫌われている
あなた「めっちゃ感情込めた!すんげーストレス発散&楽しい!」

美希「それな!お、次つぎ~」



それから、3時半ほど歌い続けた。

暗い曲ばっかりだけどwwwwwww














あなた
(美希達と居ると、楽しい。自然と笑える)



あなた「楽しかったぁ。またカラオケ行こ~」

美希「うん!またね!」

そう言って美希と別れて、私は家まで自転車を漕いで戻った。