無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

832
2021/06/14

第6話

🎗️
ヘチャン
ヘチャン
ひょぉぉぉん
ヘチャン
ヘチャン
助けてぇぇ😭
ヘチャン
ヘチャン
なんかぁぁぁクライアントがぁぁぁぁ
ヘチャン
ヘチャン
今回のデータは手渡しじゃないと嫌だって言ってきたんですけどぉぉ😭
マーク
マーク
…え、行ってくりゃ良いじゃん





何をそんなに嫌がってるのやら…







ヘチャン
ヘチャン
はぁぁぁぁ!?
ヘチャン
ヘチャン
めんどくさいでしょっ!!
マーク
マーク
なんだよそんなことか
マーク
マーク
でもさぁ、クライアントの接客はお前の担当じゃん
マーク
マーク
コミュ力の塊でしょ、ヘチャン。
ヘチャン
ヘチャン
やだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ行きたくないぃぃぃ1人寂しいぃぃぃぃ
ロンジュン
ロンジュン
…なら、俺も行こうか?
ヘチャン
ヘチャン
!!






ヘチャンの目が輝いた









ヘチャン
ヘチャン
マジ?
ロンジュン
ロンジュン
うん
ヘチャン
ヘチャン
やったぁ!ロンジュナ大好きっ!!
ロンジュン
ロンジュン
…///







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈








ヘチャンside









指定されたのは、人目に付かない路地裏









フィア
フィア
やぁ、
フィア
フィア
お疲れ様





この人はフィア








政府の人、ということだけしか教えてもらえてない









仕事はよく頼んでくるから









お得意様、って所かも












ヘチャン
ヘチャン
アハハ、どうも!(^^)
ヘチャン
ヘチャン
これデータです
フィア
フィア
ん、これ代金ね
ヘチャン
ヘチャン
じゃあ、これで完了ですかね
フィア
フィア
いつもありがとね
フィア
フィア
あとさ、その子誰?
ロンジュン
ロンジュン
…どうも、ロンジュンと申します
フィア
フィア
へぇ…ㅎ





すると、フィアさんがロンジュナの近くに一歩寄り







フィア
フィア
ヘチャンくんの仲間?
フィア
フィア
こんな綺麗な子をここに連れてくるなんてさ、
フィア
フィア
…僕の趣味を分かってるとしか思えないんだけど







僕を見ている時とは打って変わったかのような








艶かしい視線で ロンジュナの全身を眺め始めた










フィア
フィア
ねぇ、この子ちょうだいよ
フィア
フィア
値段ならいくらでも…
ヘチャン
ヘチャン
ダメです





.
























ロンジュナの肩に置かれたフィアさんの手をはらう








ヘチャン
ヘチャン
…ロンジュナは 俺のです





.







ロンジュン
ロンジュン
!!
フィア
フィア
フハッ…ごめんごめんw
フィア
フィア
冗談だよ、大丈夫だからw







この人の“冗談”は信じられない








『殺す』と言えば殺してしまうし








『消えろ』と言えば本当に跡形もなく消してしまう























だから ロンジュナも









本当に盗られてしまいそうで














ヘチャン
ヘチャン
…帰ります、
ヘチャン
ヘチャン
不快な気分にさせてしまったら申し訳なかったです







面白そうに笑っているフィアさんを置いて











ロンジュナの手を握り












路地裏から出た