無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Suddenly
219
2019/03/01 13:41
春歌は、1日の仕事を終えて帰宅しようとしていた。
しかし、住んでいた部屋は改装工事と言われ、住む場所に悩んでいたのだ。
七海春歌
七海春歌
((´Д`)ハァ…
どうしましょう…(ーー;)住むべき場所が見つからなければ……( •́ •̀ ))
一十木音也
一十木音也
七海?
どうしたの?
七海春歌
七海春歌
一十木くん!!
お疲れ様です((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
一十木音也
一十木音也
お疲れ様^^*
それで?何に悩んでいたの?
話してみてよ。ね?^^*
春歌は、音也に事情を話そうか悩んでいた。


NEXT→