無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

紗江の直球
「あなた!最近なんかあった!?」

入学式から1週間。
私は彼を見つけるたび、動揺を隠せなかったのだろうか、隠しているつもりだったのに紗江にバレてしまった。なにげに紗江は私のことをよく見ている。←

「え、なに!!」

「だって、いつも同じ人見たとき私の話聞いてないもん!おかげで私、その人の顔覚えちゃった。」

てへぺろ!とか古いこと言いながら紗江は鋭い。やっぱり私のことをよく見ている。←

そっかぁー、わかってしまうのかぁ、

と考えながら私は紗江に入学式であった話をした。

「それってもう恋しちゃったってこと!?」

いや、ストレートすぎでしょう!?
まあ、そうかもしれないけど、、

「うーん、自分でもわかんないんだよね〜」

「じゃあ、今度調べよう!!!」

「どうやって?」

「次にその先輩見つけたら、話しかけるんだよ!」






…は?