無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

🦋(⚠ピアス注意!)
チョン・ジョングク
チョン・ジョングク
またピアス開けたですね
僕の耳を触りながらジョングクは言う。 



僕はその手を払って、学校へと向かった。



僕とジョングクは子供の頃から家が隣同士で兄弟のように仲が良かった。



それが崩れたのは僕が中学三年生の時。



僕は早く大人になりたくて安全ピンで耳に穴を開けた。



痛い



開けてもいいことなんてひとつもなかった。



耳は痛いし、親には説教されるし…



それなのに僕は止まらなくなっていた。



増えていくピアスを見る度にジョングクは嫌そうな顔をする。




でもねジョングク。


この体はお前のじゃない。


僕のなんだ。


どうしようが僕の勝手。


お願いだから僕に構わないで。


そんな顔にしないで。





-ただの迷惑なんだよ。