無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🦋
パク・ジミン
パク・ジミン
ナムジュ二ヒョンおはようございます
キム・ナムジュン
キム・ナムジュン
おはようジミン

ナムジュニヒョンは大学生になってから知り合った先輩



このダンスサークルの副代表の1人。



まぁ、ダンスサークルなんて一丁前に言ってるが、
大体は飲みサークルのようなものᄏᄏ



サークルルームには冷蔵庫も完備されていて
常にお酒が冷えている。
チョン・ホソク
チョン・ホソク
おはよう〜
キム・ソクジン
キム・ソクジン
おはよう!
今日は優しいヒョンからの差し入れで
お菓子を買ってきました〜
キム・ナムジュン
キム・ナムジュン
ありがとうございますジニヒョン!
パク・ジミン
パク・ジミン
ヒョン、ありがとうございます
キム・ソクジン
キム・ソクジン
いえいえ、あっ!そういえばジミナの幼なじみってこの大学に入学してくるよな?
ダンスサークルのこと宣伝しとけよ、4人だと活動休止になりそうなんだよ
チョン・ホソク
チョン・ホソク
このサークルってそんなに危うかったんですか?
キム・ソクジン
キム・ソクジン
まぁな〜ダンスの大会に 
出てる訳でもないし
チョン・ホソク
チョン・ホソク
出ますか!
ナムジン
ナムジン
絶対に嫌!

ジョングクがダンスサークルか…



誘ったら入ってくれそうだけど、
ジニヒョンとジョングクを合わせの…なんか嫌だな



ジニヒョンは誰にでも優しいから