無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

278
2021/07/30

第4話

タカちゃん好き!3

授業に遅れたことはさておき、休み時間、


今日も毎度のように友にタカちゃんについて語る
西宮あなた
タカちゃんがほんとに可愛いの!今日だってね!顔赤くしてたの!やっぱ私たち付き合ってるんだよな〜
友達
あんたの趣味がわからん。だいたい10年前でしょ?ほんとに付き合ってるの?


い、痛いところを付かれた
西宮あなた
つ、つつつつつ付き合ってるよ!だって今日も大好きって伝えたし!


じゃあ向こうに好きって言われたの?手繋いだの?キスはした?

オーバキルですよそれ
西宮あなた
い、言われてない、手は今日、
友達
ちゃんと繋いだの!
西宮あなた
ビクゥ
西宮あなた
よ、幼稚園の遠足の時に繋いだ、きりデス
西宮あなた
で、でも毎日一緒に学校来るし!
友達
それ付き合ってるって言わないよ?
西宮あなた
うっっ


私はタカちゃんのクラスに走った
西宮あなた
っていうんだよぉぉぉおおおおおおお???どう思うぅぅううう??
三ツ谷隆
その友達が正解だな
西宮あなた
え?!私達付き合ってるでしょ!
三ツ谷隆
何言ってんだ
西宮あなた
だだだだって!10年前!言ってくれたじゃん!
三ツ谷隆
んなの覚えてねーよ。
三ツ谷隆
よくそんなの覚えてるな。
西宮あなた
そりゃタカちゃんが好きだから!
三ツ谷隆
はいはい、ありがとさん


こんなだけど、私はまだあの10年前の言葉を信じているのだった