無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,637
2021/06/29

第143話

ライバル校③
開会式が終わって夜ご飯兼交流会が行われた。
水原匡也
水原匡也
ねね。りく。
日之出莉玖
日之出莉玖
ん?
水原匡也
水原匡也
話しかけてきてもいい?
開会式の時に目をつけた6人組の中
身長が小さい可愛らしい男の子が
給水機で一生懸命6個のコップに
水を入れているのを匡也は指をさす。
日之出莉玖
日之出莉玖
一緒にいくわ。
水原匡也
水原匡也
よし。笑笑




匡也と莉玖が水をいれている子こ
両脇に立って匡也が話かける。
水原匡也
水原匡也
こんにちは。7min魔法大学附属高校
の水原匡也です。
仮屋瀬さつき
仮屋瀬さつき
あ、え、僕に話しかけてます、か?
水原匡也
水原匡也
はい!よろしく。
匡也がさつきに握手を求める。
仮屋瀬さつき
仮屋瀬さつき
あ、9bic国際魔法学校1年生の
仮屋瀬さつきって言います。
よろしくお願いします、。
さつきが手を出して匡也の手を握ろうと
するとさつきは後ろからぐいっと肩を抱かれ
匡也から引き剥がされる。
市川慶一郎
市川慶一郎
俺のに何か用?
さつきが慶一郎の方を見ると片腕で自身を抱く
慶一郎が鋭い目で匡也を睨みつけていた。
水原匡也
水原匡也
合流会で話しかけるのに
用事なんか必要ですか?笑笑
市川慶一郎
市川慶一郎
あ?
仮屋瀬さつき
仮屋瀬さつき
ちょっと、市川くん、、
水原匡也
水原匡也
へぇー市川かぁぁ、魔法省の家の息子か
市川慶一郎
市川慶一郎
だから、なんだよ。
さつき行くぞ。
仮屋瀬さつき
仮屋瀬さつき
う、うん
慶一郎がさつきの腕を掴んで
去ろうとすると莉玖(オレンジ)が
慶一郎の耳元で囁いた。
日之出莉玖
日之出莉玖
市川くん、、って
魔力持ちなんだろ?
市川慶一郎
市川慶一郎
っ!?
慶一郎は一瞬にして反応してしまい気づけば、
莉玖の首元に杖を当てて、胸ぐらを掴んでいた。
市川慶一郎
市川慶一郎
黙れよ。何も知らないくせに、
軽々とそういうこというじゃなーよ。
日之出莉玖
日之出莉玖
やっぱり魔力持ちって、凶暴だね?笑笑




この状況に驚いて手が出ないさつきと匡也が
棒立ちになっていると各学校のテーブルにいた
友達が駆け寄ってきて2人を引き離す。
四季涼雅
四季涼雅
やめて!市川くん!!
宇佐美健土
宇佐美健土
莉玖!!だめだよ!!
双葉小太郎
双葉小太郎
一旦落ち着こ!!
木瀬怜芽
木瀬怜芽
交流会なんだから!



引き剥がさてた慶一郎にさつきが抱きついて、
そのさつきの頭を撫ぜると落ち着きを取り戻す。


仮屋瀬さつき
仮屋瀬さつき
大丈夫?
市川慶一郎
市川慶一郎
ごめん、。俺らしくなかったな、
四季涼雅
四季涼雅
テーブル戻ろう
市川慶一郎
市川慶一郎
うん。
涼雅は慶一郎の肩を叩いて、慶一郎をテーブル
に誘導しながら莉玖を睨みつけた。



日之出莉玖
日之出莉玖
こわ、
宇佐美健土
宇佐美健土
莉玖、大丈夫かよ笑笑
日之出莉玖
日之出莉玖
煽りすぎた笑笑