無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,596
2021/08/25

第144話

ライバル校④
水原匡也
水原匡也
あ、あのー。
市川慶一郎
市川慶一郎
、、んだよ。
交流会が終わり、慶一郎が寮にもどる最中
ライバル校の匡也が追ってきた。
水原匡也
水原匡也
さっきはごめんなさい。笑
市川くん?でしたよね?
仲良くしてくれませんか?
市川慶一郎
市川慶一郎
無理。
水原匡也
水原匡也
えーーー!?、そんなぁぁ!
せっかくなんだから、
仲良くなりましょーよ!笑笑
市川慶一郎
市川慶一郎
だから、無理だって。
俺、部屋戻るから。
慶一郎は匡也をさらっとかわして、
部屋の方に進んでいくが、諦めまいと
後ろをついていく。
市川慶一郎
市川慶一郎
うざいんだけど。
水原匡也
水原匡也
市川くん。俺と戦いますよね!
多分!!楽しみですね!
市川慶一郎
市川慶一郎
、、別に。
水原匡也
水原匡也
えー。俺、一応優等生って
いわれてるんすよ?笑笑
市川慶一郎
市川慶一郎
お前の学校ではそうかもしれねーけど、
ここに来たら、雑魚になるぞ。
水原匡也
水原匡也
笑笑 そうですかね?
楽しみにしてます。
水原匡也
水原匡也
市川くんの本気。笑笑









ピンク
交流会後小太郎が図書館で勉強していた。
宇佐美健土
宇佐美健土
勉強熱心だね。
双葉小太郎
双葉小太郎
???
宇佐美健土
宇佐美健土
あ、ここ間違ってるよ。
ここは、25886347だよ。
双葉小太郎
双葉小太郎
あ、本当だ。ありがとう。
健土は小太郎の隣に腰掛けて、
勉強道具を鞄から出した。
宇佐美健土
宇佐美健土
一緒にいい?
双葉小太郎
双葉小太郎
あ、うん。いいよ。
僕、小太郎。君、さっきの
市川くんと誰かが揉めてた時
止めに行ってたよね?
宇佐美健土
宇佐美健土
あ、うん笑笑。
7minの健土です。よろしく!
俺、あんまり喧嘩とか
好きじゃないんだよね。笑
双葉小太郎
双葉小太郎
そっか。優しそうだよね。
宇佐美健土
宇佐美健土
みんなの足手纏いになる気がして、
明日からの大会は不安なんだけど、、
火ノ宮夕
火ノ宮夕
あ!!こんなとこにいた!!
けんとぉ〜ーーーーー!
ここの学校ひろいんだから、
1人にしないでよーー!
健土の背中に夕が抱きついてきた。
火ノ宮夕
火ノ宮夕
図書室なんてここにまできて
来ることないでしょ!
健土早く泊まる部屋いこうよ!
双葉小太郎
双葉小太郎
笑笑 1番の足手纏いにはならなそうで
よかったね。健土くん賢そうだから、
大丈夫じゃん?笑
宇佐美健土
宇佐美健土
それは、そうなんよ。笑笑
夕はポンコツなんだよ。
火ノ宮夕
火ノ宮夕
あ!?だれが、足手纏いで
ポンコツだってぇ!?
双葉小太郎
双葉小太郎
僕、小太郎。よろしく。
火ノ宮夕
火ノ宮夕
俺は天才だからな!!
双葉小太郎
双葉小太郎
笑笑
宇佐美健土
宇佐美健土
ゆうって呼んであげて。
仲良くなれば楽しいよ
双葉小太郎
双葉小太郎
そうだね。仲良くしよ。
火ノ宮夕
火ノ宮夕
っていうか、この式なに!?
怖すぎだってぇぇ。
夕は、小太郎のノートを見て目を丸くした。
双葉小太郎
双葉小太郎
あぁ、これは明日の大会で使う
魔法薬を作るための式だよ。笑笑
だから、機能はお楽しみ♡
宇佐美健土
宇佐美健土
こえええええ
双葉小太郎
双葉小太郎
でも、まぁ命に関わらないし。
全然、大丈夫だよ。笑笑
火ノ宮夕
火ノ宮夕
小太郎くんって選手番号何番?
双葉小太郎
双葉小太郎
2番だよ
火ノ宮夕
火ノ宮夕
え!?俺も2番
双葉小太郎
双葉小太郎
楽しみだね。
火ノ宮夕
火ノ宮夕
あ、はははははは
宇佐美健土
宇佐美健土
笑笑






久しぶりです。。笑笑
面白かったら、コメントください。
モチベにさせていただきます。笑笑
あ、どのお話し?章が面白いか
コメントしてくれたら嬉しいです!