無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

👼





.
  へちゃん
へちゃん
  女性に暴力とかありえないですよ  
  へちゃん
へちゃん
  人間としてクズですね  
🚹
  っ...  










へちゃん先輩の言葉が効いたのか

先輩は顔を真っ赤にして逃げ去っていった










  へちゃん
へちゃん
  はぁ 、 本当にどんな喧嘩売ったんだよ  
👼
  いや 、 売ってませんし! 
  へちゃん
へちゃん
  全く......... 本当に世話が焼ける奴  








そう言って私の肩を優しく撫でるへちゃん先輩







  へちゃん
へちゃん
  肩 、 痛かっただろ...? 









へ 、 へちゃん先輩が優しい.........








  へちゃん
へちゃん
  や  ~  、声漏れてんぞ  
  へちゃん
へちゃん
  俺そんなクズじゃないから  
  へちゃん
へちゃん
  どっちかと言うと
優男に属する完璧男だから 、!












な 、 なんか今日へちゃん先輩明るい...

私といる時いつも暗いのに













  へちゃん
へちゃん
 ほら 、 皆待ってるんだから早くしろよ       





そう言って先に練習室へ向かおうとする先輩





👼
  あ 、 ちょっとへちゃん先輩 ! 
👼
  待ってくださいよ  ~  







next