無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

👼





今日初めて会ったばかりなのに

おっぱ達とはあっという間に仲良くれなれたし



連絡先の交換もしてくれた

こうゆうのここに来て初めてだったから嬉しかった









マネージャー
  あ、!いたいた! 


マネージャーさんらしき人がこちらに
息を切らしながら走ってきた




👼
  どうしたんですか、? 
マネージャー
  ちょっと伝え忘れた事があってさ  
マネージャー
  今後連絡する事多いから  
登録してくれ




と番号を登録するよう伝えられた




マネージャー
  あ、あなたは今日から練習があるんだ  



早速今日からなんだ…



マネージャー
  それも特別な練習だ! 
  るーかす
るーかす
  …特別? 
マネージャー
  1人だけ女だしデビュー前に
完成度を高めたいらしくてな…



これは私的にとてもありがたい話だ。





ダンスとか今までヨジャのしか踊った事ないし


歌もラップもトレーナーさんから
"上手だ!"と言われる事が多いけど
自分はあんまり納得しない事が多かった






👼
  えっと、場所はどこですか…? 
マネージャー
  俺が案内するから着いてきてくれ  
👼
  あ、はい! 
  じょんう
じょんう
  あなた頑張れ~  
  るーかす
るーかす
  また後で連絡してね~! 
👼
  うん!おっぱ達じゃあね…! 




next