無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

👼 sɪᴅᴇ







.
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  あなたこっち向いて  







隣の席にいるすーちょんおっぱに呼ばれ

すぐ振り向くと






パシャっとカメラの音がした





👼
  あ  、   今撮ったでしょおっぱ  
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  可愛いく撮れたよ  








今 、 私たちはウクライナへ向かうため


飛行機に乗っている








  どよん
どよん
  あなた  、  俺の方も見て  









そう言ってどよんおっぱも私を撮り始めた








  どよん
どよん
  え  、  あなたカメラ目線じゃないし  
  どよん
どよん
  逆にうぃんうぃんが可愛いポーズして  
こっち見てるじゃん
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  ナイスですひょん  
  どよん
どよん
  まぁ  、  可愛いからいいや  
  どよん
どよん
  ているひょんと悠太ひょんに送ろっと  
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  それだけはやめてください  
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  あのひょん達うるさいです  
  どよん
どよん
  ごめん  、  もうイリチルの  
グルラに送信しちゃった
  うぃんうぃん
うぃんうぃん
  え  、  ……ひょん…  






そうやって 、 すーちょんおっぱが

どよんおっぱを睨んでるけど





ごめん 、 それ全然怖くないから





ばか可愛いから







記念に私もその睨んでるすーちょんおっぱを

撮ってイリチルのグルラに送信した













するととんでもない数の通知が来た






















next