無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

🐥





その後あなたのメイクぬなが戻ってきて

あなたのメイクの仕上げをした





それから一緒に皆のところまで行くことになった










🐥
  ねぇ 、あなた  
あなた
  …ん 、? 
🐥
  僕のことすーちょんって呼んで欲しい  
🐥
  すーちょんは僕の本名なんだ  
あなた
  いい名前だね  
🐥
  うん 、 
  ゆうた
ゆうた
  うぃんうぃな  ~  ! 
🐥
  あ 、今行くから! 






あなたに名前を呼んでもらう前に

悠太ひょんに呼ばれてしまった





🐥
  ごめん 、ひょん呼んでるし行こっか  


なんか子供みたいなわがまま言っちゃって恥ずかしい

さっき言ったことは忘れよう…




そう思って、再び前を歩き出すと










あなた
  すーちょんおっぱ 、 
🐥
  んぇ 、 





唐突に名前を呼ばれ

変な声を出してしまった





あなた
  すーちょんおっぱ何でも似合うね  
あなた
  かっこいいよ  




と天使のような笑顔で笑った







あまりにもその笑顔が可愛くて

思わずきゅんとしてしまった










  ゆうた
ゆうた
  お 、あなたじゃん  
  ゆうた
ゆうた
  俺のうぃんうぃんナンパしてたんか? 
あなた
  は 、!? してませんよ  ~  ! 
  ゆうた
ゆうた
  じゃあなんでこんなうぃんうぃん  
顔真っ赤なってんの!
あなた
  え 、本当だ…可愛い 、 
  ゆうた
ゆうた
  ほら 、!今も口説いてる! 
あなた
  ほんと、何言ってんの悠太くん! 





急に2人とも日本語で騒ぎ出すから

もう僕はどうしたらいいのか分からない







でもあなたは何しても可愛いと思った















next