無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

🐰





.
  てよん
てよん
  あなた小柄なのにそんなに
踊れるとかびっくり 、! 笑笑
  まーく
まーく
  そるちきやっかん下手だと思ってた  
あなた
  や  ~  いまーく 、 
私の事甘く見すぎだよ
🐰
  いや  ~  ほんと流石俺の妹  
あなた
  ほら 、 どよんおっぱを見習いなまーく  
🐰
  そ  ~  だ ! そ  ~  だ ! 
  まーく
まーく
  あ  ~  、 ちんちゃ……  





もう本当に流石俺の妹だよ ( n回目 )

あなたはセンスが良いんだよ 、






あっ 、 ちなみに今はBOSS組での練習なんだけど





ちょっとだけあなたにフリーダンスさせたの

そしたらやっぱり上手くてさ 、




今みんなでべた褒めしてる最中









あなた
  でも 、 やっぱり皆について行くのに  
大変だし必死だよ 笑笑
  るーかす
るーかす
  でも 、 俺より上手いじゃん ! 
あなた
  いや 、 るかすおっぱも上手いよ  
  てよん
てよん
  でも 、 るかすは無駄な動きが多い 笑  
  るーかす
るーかす
  そうなんですよ 、 ひょん ! 
  るーかす
るーかす
  俺 、 手足が長いから動きが
大きくなっちゃうんですよね
あなた
  スタイルいいもんね…  
  るーかす
るーかす
  よく分かってるじゃんあなた
完璧なモデルスタイルでしょ ? 笑笑
あなた
  ちょっと今イラッときた  
  るーかす
るーかす
  え 、 あなた  ~  ㅠㅠ  
あなた
  ははっ 、 笑 うそうそ ! 



泣き真似しながらあなたに抱きつくるーかす

その姿を見て皆が笑うと 、





あなたは『 またくっついてきた ~ ! 』とか言って





ほっぺを膨らました





え 、 なにその顔

可愛すぎでしょ 、 やだ



えっっっ 、 可愛い !!!! ((うるさい















next