無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

👼









今、メンバーの皆さんがいる
部屋の前に立ち止まっている






マネージャー
  あなた、大丈夫か…? 


マネさんがさっきから固まってる
私に声をかけてくれた










それと同時に部屋から聞こえるメンバーの皆さんの声










" やー!どんひょが!俺のおやつ食べただろ! "


" うぃんうぃに~今日も愛してる~ "


" ているひょん…どいて……… "


" ちとんあぁぁぁ♡ "


" …うわっ、 "











なんか、楽しそうだな…


私が入ったら一気に静まる皆さんの顔が
想像出来てちょっと怖くなった








マネージャー
  あなた、行けそうか? 
👼
  …はい! 



マネさんがメンバーの方に元気よく挨拶している
後ろ姿に隠れながら私も部屋に入って行った













next